ヒナタヤのお米は、今年はLURAの会です

  • LINEで送る

高遠黒沢の宇野俊輔さんの「LURAの会」の田んぼの草取りに行ってきました。

5月27日(日)のこと。

黒沢集落の反対、西側の標高が高い場所に田んぼがあります。チェーン除草、手で抜く、網ですくう、などの方法があります。草取りが終わって反対側の山に見える黒沢集落が美しく輝いていました。

水が入っている田んぼは、この他には宇野さんの田んぼだけ。こういった山の斜面を田んぼにして、水を引いて畦を塗って作り続けてきたであろう、でも今は作っていない田んぼが残っています。「LURAの会」は追々説明できたらと思います。

宇野さんのお話も面白い。どうして収穫前の稲が台風などの強風にあたって倒れてしまうか、とか、木は骨がないのになぜ立っていられるのか、とか免疫とか栄養とか強い体の意味とか。人間と植物とよく似ています。

Facebookでもご購読できます。