お節も「つぶつぶ」/平成29年ありがとうございました

  • LINEで送る

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今年も「つぶつぶ」お節作りました。

毎年、義弟夫婦も来てくれて賑やかな年越しになります。
信州?上伊那地方?では、31日を「お歳取り」と言い、お刺身やお節の「前倒し」や(お腹に入れば)「年越しそば」とごちそう三昧。

「お節」を手作りするかどうかは別として、
お歳取り」に「何を食べるか」「何を呑むか」が結構重要度を占めます。

成人して、他県文化と触れるうちに「大晦日は、年越しそばを食べるくらいで割と質素な食事をしつつ、新年からはお節を食べる」と漏れ聞いた時にはビックリしました(笑)

そんなわけで、いたや(嫁ぎ先)ではごちそう三昧な「お歳取り」


お刺身やビーガンじゃないお節は、いたや酒店がいつもお世話になっているお得意様に注文します。

そして私は「つぶつぶ」お節担当( *´∀‘* )
家族の期待がかかります。

「ひえ」で作った「ヒエブリの照り焼き
これ、私習っていないのですが「こんなかんじかなー」で作りました。


栗蒸し羊羹
小豆をデーツで煮てもちろんノーシュガーでも甘い♡


高キビローフカツ」と「精進伊達巻」(アワ粉・かぼちゃやお豆腐などで)と「甘酒キムチ


「紅白なます」「アマランサスのアワビ風」「アマランサス入り松前づけ風」「ゴボウの精進田つくり」


「さつまいもとリンゴのきんとん」「長芋の梅ねぎ和え」「八つ頭の味噌だれ」「ワイルドライスポンセンクリームディップ(クリームチーズ風)」


義弟夫婦が茹でてくれた手打ちそば。
時間がかかってるなーって思ったら、大根おろしと焼き味噌付きで「高遠蕎麦」に仕立ててくれました!


信州の「お歳取り」には欠かせない「貝柱」(お義母さん作)


粕汁」の中身は「鮭」(こちらも信州特有?)(お義母さん作)


12月31日は次女の誕生日♡

この世界に冒険しにこれただけでハッピー&ラッキー
生まれてきてくれてありがとう(^O^)

今年は「もちアワ焼きリンゴポンセンクリームキャロブと、ハッピー甘酒ビスケットを添えました。

そんなこんなで目白押しの大晦日でした!

紅白歌合戦を楽しみながら色んなお節を味わいつつ、「つぶつぶ」お節を「美味しい」と大事にされ、それでいいなーって思います。
(だって。本当においしいんだから)
交わり合い融合した形。

※ヒナタヤ店主・中村美紀はグランマゆみこ(大谷ゆみこ)が創作した雑穀が主役の100%植物性食スタイル
つぶつぶ料理コーチ」のお仕事をしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つぶつぶ公認 料理コーチ   日本ベジタリアン協会 アドヴァイザー

ヒナタヤ 中村美紀(11時~19時/定休日/日月曜日)
フェイスブック:https://www.facebook.com/hinataya21/
つぶつぶ料理教室ポータルサイトhttps://tubutubu-cooking.jp/schools/detail/10
メルマガ登録https://24auto.biz/hinataya21/touroku/sp/entryform1.htm
料理教室月の予定http://www.hinataya21.com/class

Facebookでもご購読できます。