ゲストランチデー 宇野順子さん

  • LINEで送る

28日は、順子さんのゲストランチデーでした。

宇野順子さん。その一週間前には宇野俊介さんによる、俊介さんが考えている生産者と消費者という関係性を超えた関係性を作って行く農業のお話会がヒナタヤで行われました。(この話も書きたいと思いつつ・・・)

宇野さんには、下の子をおんぶしていたころからお世話になっている。私の友人が当時、「土の基本」というのを主催していて、主に若い(当時私も若かった)お母さんが子どもを連れて参加した畑づくり。畑だけじゃなくてパンを作ったり、陶芸をしたり、山を歩いたり、リースを作ったり。宇野さんは、ОDA~オルタートレードジャパンを経て、農で立つことを考えられて、高遠の黒沢で就農された方。順子さんはその当時、東京で「おておてや」という自然食レストランを営まれていたとお聞きしている。みんなが順子さんのことが大好きなんだけど、是非、順子さんのご飯をヒナタヤのお客様に食べて頂きたいなと思ったわけです。

順子さんのゲストランチデーということで、早い時期から予約が入りあっという間に満席になりました。

大根餅、小松菜のナムル、人参と蕪のグリル白胡麻クリームドレッシング、からし菜・玉ねぎ・黒豆・水菜・人参のサラダ、関西の地野菜・若ごぼうの炒め物、小松菜のお葉漬け。かぼちゃのポタージュ、デザートは豆腐チョコレート。もちもちベーグル。もちきびごはん。皆さんがおうちに帰ってもお料理できるようレシピまで書いて下さいました。

予想していた野菜が無くて、急きょメニューが変更になったりして、でもそのたびに順子さんの機転で乗り越えました。ぐぅっと集中して料理する順子さんのエネルギー、その隣でお手伝いができて幸せでした。本当に楽しくて楽しくてわくわくしました。

満席のため狭くて、御不自由だったかもしれませんが、お客様にはゆっくりとくつろいで頂けたと思います。

ヒナタヤの良い一日でした。

 

 

Facebookでもご購読できます。