30年前のあの場所を訪ねて

  • LINEで送る

25日「クリスマススペシャルランチ」を食べたいがために、
次女と「つぶつぶカフェ」(新宿区)に行ってきました。
つぶつぶカフェ

ランチはクリスマスパフェ付き♡

image

母親がよく「セミナーを受けに東京に行く」って出かけるけれど、
実際にどんなところに行ってどんな人たちが働いてて、どんなものを食べてくるのか、
これを次女にシェアできたこと、ほんとによかったなって思います( *´∀‘* )

そして全然予定外だったんですが、「お母さん(私)が30年前に働いていたところ」を見に行くことにしました。

「つぶつぶカフェ」がある「牛込柳町」→大江戸線で「飯田橋」→JRで「信濃町」へ\(^o^)/
信濃町駅近辺も随分変わっていました。

あんまり言ってませんでしたが看護婦してました。30年前

image

石原裕次郎さんが手を振り日本中のマスコミやファンが湧いた屋上。

image

私が卒業して就職した翌年に「新棟」(30年たった今は新棟でもないでしょうけれど)ができて、ここの7階のオペ室が職場でした。

image

ここって何があったんだっけ~。医学部の教室?研究室?
何か建つみたいです。

image

ここはかつて「看護婦寮」だったところだと思います・・・

image

入学式・戴帽式・卒業式などのセレモニーが行われた「北里会館」はそのまま。

image

写真左側には精神病棟があり、その奥が「学生寮」だった。(短大に移行した時に取り壊されたと聞いています)
門限夜9時・外泊禁止、4人相部屋、食事も4人の当番制で作りました。
テレビは3階と5階に一台ずつ。
当時は看護婦になっても相部屋が普通でした。
今はワンルームマンションになっているのかな・・?

image

写真左の横断歩道を渡って、線路の高架橋を渡ると神宮外苑の始まり。デートコースです。

image

何かと思ったら東京オリンピックなんですね。工事中でした。景色がガラッと変わっています。右奥に見えるレンガ色の建物は「スケートリンク」
看護学校の体育の授業で行った「スケートリンク」いつもは優秀なクラスメイトが全然滑れなくて、そしていつも教務から怒られてばかりいる私がするする滑っているので、びっくりしたりびっくりされたりしたことを昨日のことのように思い出します。「信州人」ですから!

image

聖徳絵画館前。しつこいですがデートスポットです。

image

銀杏が無い「銀杏並木」♡映画やドラマやカラオケのロケでよく使われます。
最近は「HERO」キムタクです。ここもくどいですがデートコース。まっすぐ行くと青山に抜けます。

image

日曜日は歩行者専用になるんですね。12月の空は抜けるように青く、思い思いに、自由でした。

image

駅に戻る歩道橋。ここから夕陽を眺めたものです。

image

当時は良い思い出があまりなく、「看護学校なら学費を出してくれる」ということで「なんだかなりたかったような気がして」受験したら受かったので進学しました。都と大学から奨学金をもらっていたので何も考えることなくそのまま大学病院に勤めましたが、いったい自分はどうしたいのか、自分でもよくわからず。「天下の慶応」と自負されるナースたちの中では私はあまりにも落ちこぼれだけど辞めるにやめられず。自信や自己肯定感が全くなく。やりたいことが分かって、それがかなう人はごく一部の人だと思っていたし、人生とは耐えてなんぼだと思ってた。ほんとに生きにくい人でした。25歳過ぎてもお嫁に行かないと「クリスマスケーキ」と揶揄された(信じられない!)そんな時代。

6年務めて、夫との結婚の話があり「渡りに船」とばかりに帰省して結婚しました。

ダメダメな話。ダメダメな話は結婚しても子どもを産んでも続くんだけど、

ヒナタヤをオープンして、自分で責任を持つということを知り、
「つぶつぶ料理コーチ」としてもまた一つ責任を持ち、

そうこうしているうちにこの頃、

「身体の奥底から幸せ感が湧いてくること」が時々ある、いや良くある。

何かあったわけじゃないんだけどただ日常のなかで。

怒りもなく不安も心配もなく、ただ今が幸せで満たされる不思議な感覚。すごーく安定している。(今はね(笑))

これは「つぶつぶ」のせい??

そして今回、30年前と同じ場所に立って、

あの時と比べて、「許せることのなんと多いことか!!」

あのこともこのこともあれもこれもオールOKな私がいる!!

「幸せに満たされる感覚」ってここからくるんじゃないだろうか。

命を繋がれ、命を繋ぎ、そのお役目を果たせるようにちゃんと準備されていたし守られていた。

遅いも早いもなく、今にすべては繋がっていた。

今の娘たちとあまり変わらない年頃だったかつての私は、けなげにこのコンクリートの上に立っていた。

足を延ばせばすぐ近くに緑、という都会のど真ん中に9年暮らしたこと。

便利と自然、というこんな環境に暮らせたことは本当に幸せなことでした。

ぜんぶ大丈夫だったんだ。

次女も都会のオアシスのようなこの緑の場所が気に入ったみたいです。

「好きな場所」「気に入った場所」&「好きな人」が多ければ多いほど、幸せで豊かです。

Facebookでもご購読できます。