ヒナタヤの看板

  • LINEで送る

焼きあがった看板を千恵先生が「ヒナタヤ」に届けて下さいました。

これって、陶芸教室で私が作ったんだけど(デザインは長女・ウェブにしてくれたのはまゆみさん)、
何度も何度も千恵先生の手がかかってる。
土の管理と、大きなまるが取れちゃって修復してくれたり(私がぱっぱとやらないと土が乾いてしまうんですよね。乾いてしまっていたのでポロンと取れてしまった。それをやっぱり管理してくれてるのは千恵先生なんですよね)
一旦焼いたら色が薄くて、もう一回色を重ねて。そうしてまた焼き直してくれて。

なんだかね、涙が出てしまいました。

開店以来、走り過ぎだと思いながら走ってきて(開店したんだからしばらくはそうだよね、それでできることできないこといろいろ分かってくるんだよね)、
店の他にも抱え込んでるものが多すぎると思いながら抱えてしまって。
結局アップアップで。
でもそのたびに誰かが助けてくれた。
あぁ、やっぱり私には仲間が居てくれるんだなって思う。その存在だけで力になる。
言葉の一つ一つ、メールの一つ一つ、お店を気遣ってくれること、何かしてくれようと思うこと。
(切れても受け止めてくれたり!ごめんね!余波が及んだ人)

この看板は、河原崎さんによっていよいよ看板となります。

Facebookでもご購読できます。