七草農場さん10周年スペシャルディナー

  • LINEで送る

七草農場さんはIターン・新規就農してから10周年を迎えられました。
ヒナタヤでは毎週火曜日は「七草農場」さんの野菜の日。
「虹の市」の仲間でもあり、とってもお世話になっています。
2か月くらい前から、「スペシャルディナー」のお話を頂き、準備してきました。
翌日の19日は「やさいでつながる感謝のおまつり」本番で、お店やステージなどとても賑やかで幸せな空間でした。

スペシャルディナーは、七草さんの地元「池いやし館」をお借りして行われました。
以下、FBに書いた記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月18日『七草農場10周年スペシャルディナー』
記念すべきこの日に、お食事を提供させていただけたこと、本当にうれしく思います。
20食+お子様プレート6食を提供させていただきました。

小森さん一家が伊那にIターンして10年。縁もゆかりもないところで10年。
会場は地区の集会施設「池いやし館」(この名前気に入った!)には、ご近所の方も駆けつけ感動的でした。

「自分たちで環境を作り出す」「根付く」という意味を思った日でもありました。
こんな感動的なシーンに、ヒナタヤを選んでいただき、、、もうもうそれはもう嬉しくもド緊張でございました。

野菜は七草さんの提供で、「オール七草」(一部雑穀は除く)料理です。
七草さんのプリッとした柔らかくジューシーで佇まいの美しい野菜は、触ってお料理をしているだけでなんだか嬉しくて元気になるのです。
切ると「切ってくれてありがとー」って反応が返ってくるみたいに。

料理の一つ一つ、挙げていったらいろいろと思いは残ります。
それは伸び代だと改めて真摯に受け止め、次に繋げたいと思います。
滞りなくお料理が提供できて、召し上がってくださった方に喜んでいただき、七草さんのお祝いに協力ができたこと、本当にうれしくありがたいことです。

この日に向かっていく緊張の中で、自分の中の手放せないものにも気づいたりなんかしましたが、
「これはすごいぞ」って思ったこと一つ。

「計画」を詳細に立てていきました。
献立についても野菜をどう使うか、記入していったものはその通りになったんですが、「記入しなくて」「そんな感じで」って自分の中にあまり明確化(記入)しなかったものは、なんていうか、もっと別の表現が出来たかもな。
という思いとして残りました。
「ここに向けていく」というイメージがいかに大切かが改めてよくわかりました。

丸一日、お料理を協力してくださった友だちの花ちゃん、この機会を与えてくださった七草の健次さん、夏花さん、召し上がってくださった七草農場のお客様、
施設を使わせてくださった地区の皆さま、「ここを乗り越えればまた一つ大きくなるよ」と励ましてくれた夫。

みんなみんなありがとう。成長するとしたら、人との関係性の中。

感謝でいっぱいです。ありがとうございました!

七草農場さんディナー

七草農場さんディナー②改良型カーシャボルシチ(粒ソバとビーツのスープ)、にんじんフライ、もちキビポテトコロッケ、人参ソース、インゲンとピーマン、玉ねぎのトマト味噌ソース、粒ソバのテリーヌ&玉ねぎ&漬物ソース、モロッコインゲンとバジルソース、アマランサスのピーナッツ豆腐、高キビタコライス&サルサソース、ヒエのエスカベッシュ、ジャガイモと茄子のヒエマヨネーズ&キャベツロール、ズッキーニのナッツ和え、揚げズッキーニとキュウリドレッシング、キュウリとトマトのイタリアンマリネ、もちキビコーンごはん。
デザートは、マンゴー風プリン、甘酒アイス2種、甘酒クッキー、〆は健次さんの漬物。元気が出るっ茶、南福地の湧水、飲む人は恵比須ビール中瓶。

七草農場さんディナー③

Facebookでもご購読できます。