えびはらよしえさん ヒナタヤ3周年ライブ

  • LINEで送る

11月2日は「ヒナタヤ3周年Мonth」スタートイベント「えびはらよしえさんライブ」でした。大勢の方にお越しいただき、本当にありがとうございました。よ しえさんの優しさに会場がつつまれ、その優しさに包まれた人がまた近くの人を包み返すような、そんな時間だったと思います。
シェア会も、必然が重なって今がここにあるようでした。
お店経営って、決断して買って売ってを、(大なり小なりあるものの)店を続けている限り繰り返していくことなんだけど、小売りもして、食事もお出しして、 料理教室もして、イベントも企画して、、、、。毎日が高速回転で、小さな幸せに喜べなくなっている自分を感じていました。
朝起きて、雨上りの秋の色に色づいた山々を眺めて、「あぁ、昨日は本当に良い会だった。幸せな時間だった。」と。なんだかスイッチがカチャッと切り替わった気持ちがしました。
色んな良かったことがあるけれど、
シェア会の席を、夫の席と次女の席を持てたことが良かった。
去年までの私だったら、シェア会のキャンセル待ちが出たところで、
夫と次女の席を外していたはず。または、立席にして定員10名をなし崩しにしていたかもしれない。
当日、駐車場係や会場設営を手伝ってくれた夫、私がヒナタヤ最優先で寂しい思いをしているかもしれない次女。家族も交えて一つの場を持てたことは本当に良かったことです。
そして気が付いた事。夫からの「美紀さんがそんなこと言うもんで」「そんことするもんで」等の非定型を聞かなくなったこと。
夫がなぜ言わなくなったのか。
私自身が、否定的な言葉を口にしなくなったから、だと思う。
今まで夫が言ってたのは、私をジャッジして否定していたのではなく、
私が「あーでもないこーでもないこーすればよかったあーすればよかった」を言うから、それに対して「そんなこと言うもんで」「そんなことするもんで」と言っていただけだったのだ。
誰かを変えようとするのではなく、ただ自分の意識が変わっただけの事なんだけど。

よしえさんライブweb

Facebookでもご購読できます。