6月6日は「雑穀料理教室」でした

  • LINEで送る

「お弁当シリーズ」から始まった雑穀料理教室。「お弁当シリーズ」の後は、お客様のリクエストに応じて、「粒ソバソーセージ」や「ハンバーグ」などの「ごちそうメニュー」+他の雑穀も取り入れるなど、ハードな料理教室を行ってきました。それはそれで皆さまには喜んでいただけたと思うのですが、「やっぱり雑穀料理って大変」そんな気分を味あわせてしまったのでは、という気持ちもあります。

そこで、決めました。一つ一つの雑穀を炊くところから丁寧に。パッパとできるのも雑穀料理の醍醐味なので、その日帰宅後、すぐにでもできる料理をメニューにしようと。シンプルで、でもとっても美味しい、雑穀料理ならではです。

メニューとしては、

   雑穀は雑穀で炊いておいて、野菜などと合せておかずになるメニューとして、

「高キビタコミート&サルサソース」「塩だけスープ(ふのりトッピング)」「高キビドレッシング」「キャベツと漬物のしょうゆマリネ」「雑穀ご飯」

「もちあわとなめこの小松菜炒め」「もちあわとキャベツとグレープフルーツサラダ」「炒め味噌汁」「雑穀ご飯」「ひえ粉のカスタードクリーム」

「ひえサラダ」「ひえのカシューナゲット」「雑穀スープ」「漬物ドレッシング」「雑穀の炊き込みご飯」

「もちキビドレッシング」「もちキビ春巻き」「高野豆腐カツ」「雑穀スープ」「雑穀ご飯」

「粒ソバソテー」「粒ソバと春雨のタイ風サラダ」「ジャガイモのコロコロカレー炒め」
「炊き込みご飯又は雑穀ご飯とスープ」

   「 雑穀と野菜を一緒に炊き合わせておかずになるメニュー」は、また考えていきたいと思います。

6日は「高キビシリーズ」ということで、「高キビタコミート&サルサソース」などを作りました。

料理教室6月6日

6月6日料理教室全体

一度、料理教室に参加してくださったお客様のお母さまがお友だちを誘ってご参加くださいました。

雑穀初めて!という皆さまでした。塩スープの美味しさ、塩だけの美味しさに感動していただきました。動物性を使わない、砂糖を使わない、というお料理に驚かれましたがいたってシンプルなのです。なくてもいられる、なくても美味しい、お肉を切らさないように買い物に行かなくちゃとか思わなくていい、そんな理由です。

「高キビタコミート」は、そのスパイシーさで本当にひき肉かと思えてしまうのでメニュー選択は正解でした。(大谷ゆみこさんのメニューはたくさんあるので本当に迷うのです)このごろ、自分が作ってうまくできたもの、美味しい!って思うもの、良く作るものをメニューにしたらいいんだなぁ、と思います。

娘さんから「良かったからお母さん行ってみたら」と言われて申し込みをして下さる、って素敵ですね。ありがとうございました。

次回料理教室は、6月26日。「粒ソバ」メニューでこちらは定員となっております。そして急遽、6月27日はスイーツの料理教室をすることになりました。お申込みお待ちしております。(メニューはまだ決まっていません)

Facebookでもご購読できます。