10月16日は料理教室(でした)

  • LINEで送る

P1000919料理教室10月16日イベントをちょっとずつ、整理してます。一つ一つのイベントにつき反省を明記していないのを反省しています。

遡って10月16日は「雑穀料理教室」でした。この日は、料理教室が終わった後、私の歯が折れる、という「事件」があったため、記録を忘れたものです。

メニューはお弁当シリーズを季節により、アレンジしました。

「高キビハンバーグ」←人参バージョンと、蓮根バージョンで。人参バージョンが人気でした。これは、10月27日に控えた「ヒナタヤ2周年」にどっちのハンバーグをバーガーにしようか試作中だったからです。

「レンコンムニエル」「レンコンの梅酢煮」「高野豆腐のカツ」→下煮した高野豆腐とレンコンと海苔でカツにしました。

高キビハンバーグのタネはミートボールにもなりました。

もちキビポテト

そしてもちキビポテトをスープにもしました。

はっきり言って、作りすぎだと思います(笑)。

「何かをじっくりと取り組む」があってもいいと思います。2時間でこれだけを仕上げるのは、あちらこちらが同時進行になって分からなくてもそのままどんどん進んだりしてしまいます。半年続けたけれど、今後どんな形にしていくか、考える時期かもしれません。

日常的に雑穀を活用していただきたい気持ち、レンコンのもっとも美味しい食べ方(いえ、佐賀県・岩永さんのレンコンはシンプルに焼くだけで充分美味しいのですが・・)を共有したかったのでした。ねぇねぇ、雑穀って、レンコン(野菜が、シンプルな調味料が)って、なーんておいしいんだろう!! って。雑穀料理は一つ作るといろんな展開があるよ、ってことも。雑穀を食べると体も気持ちも変わってきますよ~、ってこととか。

雑穀を頂くことによって得られる大地と繋がる安心感。心と身体は繋がっていて、地球とも宇宙とも繋がっている。今ここの私の中の安定、幸福感。自分の心や体の中で環境破壊が起きていたら、地球の環境破壊も止められようがないし、平和のありようにも繋がってくると思っています。

 

 

Facebookでもご購読できます。