ヒナタヤ 忘年会会場に使われる

  • LINEで送る

民商日影支部の皆さんがヒナタヤを忘年会に使ってくださいました(飲食店みたいですね。飲食店ですけど)。一昨日ぐらいから「12日は夕方から貸切なの」と(周りの人に)喋ってる自分がいかにも得意げな感じがしました(笑)。
さっさと始まりさっさと終わりにする、でもぐぐっと盛り上がる。さすがたくさん働いてきた世代の皆様です。とても楽しいひと時でした。(もちろん肉なし魚なし砂糖なしなのはヒナタヤの普通です。写真は「ブログに載せますよ~」でパチリ)

70歳代~30歳代の皆様です。

話題は政治・選挙の話から男女の話題まで。笑いが絶えませんでした。

「どんな料理を出してくれるかなあと思って楽しみにして来たけど良かったぞ!」と楽しそうに帰って行かれてうれしかったです。お嫁に来たばかりの頃(昨日のことのように感じますがもう20年も前のことです)、生意気だったであろう私を地域の皆さんがこうして受け入れてくださっていたことを思うとありがたいです。いや、嫁に来たころは、こんなに年が離れた皆様のお話に「(話題に)突っ込める」ようになるとは思ってもおりませんでした。

料理も滞りなくお出しすることができました。

・まめや豆腐の味噌漬け・まめやがんもとほうれん草の含め煮・祝島ひじきと茶レンズマメのサラダ・れんこんムニエル・白菜キムチ・小龍包・人参のエビフライ風・ごぼうカツ・おからナゲット・タカキビのラザニア風・もちきびポテトスパゲティ・まめや豆腐と甘酒のアイスクリーム・元気が出るっ茶、でした。

そして翌日、BGМに使ったCD「青春の詩フォーク&ニューミュージック」をかけながら(年代がフィットするかと思ってかけたけれど、考えてみれば私が一番ジャストフィットしていた80年代)泣きそうになりました。

Facebookでもご購読できます。