ルーラの会 大豆脱穀

  • LINEで送る

今日、月曜日は「ルーラの会」の大豆脱穀をしました。

場所は、高遠黒沢の宇野さん宅(いきがい農場 かぎろひ屋)。収穫は先々週のこと。先週、脱穀をしてくれたルーラのメンバーさんの情報によると、「まだ1/4くらいしか終わってないよ」と。最終収穫量を、それぞれ申し込んでいる口数分に分けられるのです。

今週の脱穀メンバーと唐箕。

「ふるい」は金属じゃなくて、木の枝で編まれていました。

足踏み脱穀機。

これで「脱穀をして、とうみにかけて、ふるいでふるう」という人海戦術。

これでどのくらいの脱穀選別ができたんでしょうか・・。「来週は器械借りてくるかなぁ~」という宇野さんの呟きに、即決

「そうしましょう!」

と叫んでしまった私です。

器械を使うと一気にこの3種の神器分の労働ができてしまうそうです・・。

昔々の農家のお嫁さんたち(母の世代ですね)、器械が農村に入ってきたとき、うれしくて得意だったろうなぁと思います。たくさんの手放したものも多かっただろうけれど。反面、器械が買えずに田畑を辞めてしまった人たちもいるだろうし。発展に飲み込まれた母たちの気持ちも分からなくもない。

Facebookでもご購読できます。