ヒナタヤにできるひなた

  • LINEで送る

バタバタと在庫チェックしながら、ヒナタヤに商品を運び、暮らしと建築社の須永さんに並べていただく。
私は、ヒナタヤのほうに夢中になるんだけど、いたやの空いた棚をもうスタッフのMさんが掃除してくれている。
Mさんは8月からいたやに来てくれているスタッフ。
大学生の時にいたやに配達のバイトに入って下さったご縁で、今回いたやに来てくださることになった。

彼女が店の仕事をしてくれるので、私は、ヒナタヤスタッフのまゆみさんと打合せをしたり、
てくてくさんに見学に行ったり、保健所に行ったり、買い物に行ったり、銀行に行ったり、とにかく
外に出られるのは彼女のお陰である。

彼女の存在もヒナタヤに光を当ててくれている。

Facebookでもご購読できます。