「ヒナタヤ」基礎工事の後は

  • LINEで送る

倉庫部分終了。いよいよ「ヒナタヤ」部分の着工です。
本日、2tトラック2台分の無垢材が有賀製材さんより運ばれてきました。
当初、白い明るい感じに仕上げるためと構造(耐震)のために合板を使う予定でした。
(たしかそういうことでしたよね)
が、「合板」を使うことは、私にとって後悔を残すのではないかとの思いはぬぐえませんでした。
そこで、設計のイメージを変えずに無垢材を使用する方法を設計士の須永さんに考えていただき、
無垢材を使用して、自然系の塗料を塗ることに落ち着きました。
プラネットジャパンの亜麻仁油(白)をテレピン油(針葉樹系)で伸ばして、刷毛で塗ってから布でこすります。
揮発性があるので、どんどんどろどろになり、塗りにくくなるのでコツが必要です。
結構力必要。

本日お昼前と午後の2時間くらい一番暑い時間にまゆみさんと塗りました。
14枚塗れました。ウッドロングエコよりも結構大変かな。
内壁で100枚、外壁屋根材で110枚という量で(くらっ)、
内側の壁は23日までに塗りあげる予定。

ひやかしでもいいので、見に来ていただき→ついでに、
1枚でも2枚でも塗っていただけけると助かります!
暑いのでかなり過酷ですが。白い塗料が付いても大丈夫な格好でお越しくださいませ。

 

暮らしと建築社の須永さん自ら、塗ってみて確かめる。

須永さんは、基礎工事の時にコンクリートを流し込んでいる姿を目撃されている。
現場の方に須永さんのお姿は伝わっていると思う。
私たちにも伝わってます!
私も人ごとじゃなくってね、オープンまでの「行程表」を政府にならって作ろうと思います。

Facebookでもご購読できます。